ござさんの魅力を語る部屋

ピアニストござさんについて、熱く語ります

自分にとってござさんのピアノとは

 

自分は年末からここの部屋で書くのを止めてたわけですが。

色々副次的な要因はあれど、主たる理由は、ござさんの動きにしびれを切らして色々言いそうだったので黙っておこうと思ったのが大きいです。

 

なんでしびれを切らしていたのかというと、

 

ここの部屋で書き始めたのは、そもそもござさんのピアノのすごさ(素人の自分から見てせめてわかる範囲でも)を精一杯書きたかったからかな。それは後付けの理由にすぎないけど、ともかく気がついたら書き始めていただけなので自分でもはっきりとは分からない。でも自分の中でござさんのピアノのイメージと実際に演奏されてるシチュエーションは違いすぎて、そのギャップを埋めたくてどうしたらいいか分からないけどとにかく衝動的に書き始めたという言い方が正のかもしれない。

じゃあ自分の中でのござさんのピアノが演奏される理想的シチュエーションはどういうものだったのか、現実にはファンとしてござさんにどうなってほしかったのか、っていう答えは見えないままなのかもしれない。

 

なんか、かもしれない口調ばっかりだけど自分でも答えが見えないのでしょうがない。

 

ここまで自分のござさんに対する願望ばっかりだったことに気がついたというかそういう自覚がでてきたので、一方的にファンからの願望を投影してただけだったのかなと思って、この部屋から離れてみることにしていた。(のかもしれない。今気づいた。)

なんか一方的に願望を投影してるだけって、ファンとしてどうなのって思って自分に幻滅したが、でも気づけただけでも良しとしよう。

 

そんな一方的なファンの期待は関係なく、

ござさんはござさんのまま。

 

なんか哲学的になってきたな。

 

自分の俗世の雑念はおいといて、ござさんは今も昔も変わらずに、全ての音楽に最大限に敬意を払って接している。

どの曲にも、ござさんの音楽に対する愛着を感じるのだ。

ござさんにとって音楽は言語であり自然に存在する空気みたいな無意識のうちにあるもの。だからこそ、ひとつひとつの曲、ひとつの音にも真摯に向き合う誠実な姿勢がある。

 

自分はござさんにどうなってほしいのでもない。

たぶん。

ただござさんの造り出す音楽がずっと楽しめればいいのだと思う。

そのために、音楽を続けてもらうためにはどうすればいいのかを(あのピアノを初めてて聴いたときに)本能的に考えて、それでこの部屋を開設したのかなあ(たぶん)。

あのときはヒゲダンのストリートピアノ動画を見たのですけど、あの通りの不審者スタイルでしたので。そのまま一般人としてどっかに消えそう?と思って危機感しかなかった。実際あのストリートピアノの時点では介護職されてた一般人でしたし。

自分の中でなんとしてもこの人にピアノ辞められるわけにはいかない、なんか知らないけどこのピアノすごいからどうすごいのか書かなきゃとかいうよく分からない動機だったなあ(ほんとによくわからん)。

 

ござさんのピアノは天才と称されてることもありますが、実際こういったアレンジをする界隈ではセンスが命ですからそういう意味で天才ですけど、でもそこまでの境地に至ったのはござさんの長年の努力の賜物でしかないと思う。というかご本人は努力と思ってなさそう。長時間にわたる練習も、多様なジャンルからのアイデアを取り込み蓄積していくのも、努力なしには成し得ないけど、ご本人は楽しいとしか思ってなさそう…。

 

その感覚も一般人には計り知れないものがありますが。

 

Youtube配信ひとつをとってみてもお分かりの通り、いちいちそれぞれの曲についての振り幅がすごすぎて、配信一回がすでに宇宙を形成している。

有識者じゃないから詳しくは省くとして、

 

即興演奏。

毎週。

膨大な曲数。

それらの曲へ施されたアレンジが深謀遠慮を感じるレベルで作りこまれている。

しかもさりげなく、気づかないほど自然に。

 

つまり、ござさんとしては聴かせたいビジョンが明確にあって、アレンジや演奏技術はそこへ至るための手段でしかなく、できれば目立たせたくない面なのだろう。

結果、演奏が視聴者にござさんの意図するかたちで心に響いてくれれば、それが本望なのだろう。

それ以外のことは何も望んでないのだろう。

ピアノを弾いてファンが楽しんでくれれば、それで。

 

 

だから、

自分はござさんがピアノを絶対に専業で演奏し続けられるようにするためにはどうすればいいのかを考えてる。

頭がハゲるくらい、ござさんを知ってからずっと考えている。

でも答えが出ないのでここしばらくこの部屋で書くのをやめていたが。

 

そんな雑念は置いといて、とりあえずござさんはピアノを楽しそうに弾いてることに変わりはない。

Twitterもいつも通り音楽のことしか流れてこないし、外出されたらハイキングだし、いつも通り。

 

ござさんになんか力になれることはないか考えてるので、ピアノを弾いて応援することは自分はできないため、界隈になんか変化があればたぶんすっ飛んでくると思われるけど、個人的にいま身辺が落ち着かないので、また当分この部屋は休みます。

 

 

しかし、ござさんの弾く曲は1曲みても作り込みようが既に小宇宙を形成してていちいち驚愕を禁じ得ない。

ツッコミを入れれる数少ない曲、2/11の配信の冒頭のモルダウを例にとってみても。

(頭出し済み)

ピアノ弾いてますリクエスト募集中! 2024/02/11 - YouTube

 

ござさんはこのモルダウの旋律から終盤の長調に転調するところがお好きなのか?よく演奏されてるが、それを即興で大編成のオーケストラ曲の終盤を手際よく冗長にならずダイジェスト版にまとめあげる……

※原曲の、ござさんがアレンジしてる箇所。(~32:35まで。)いつものサビからここの箇所以後を、よくピアノで弾いてる気がする。長調への転調お好きなんだろうか。自分もここからモルダウのラストまでが大好きだが、ござさんアレンジがここの箇所以後のダイジェストなのにスマートにしかも熱くかっこよくまとめられてて何そのセンスって驚きしかない。

Rafael Kubelík & Česká filharmonie - Opening Concert of 1990 Prague Spring Festival - YouTube


参考音源:1990年のプラハの春音楽祭。共産主義政権が倒れてから初めて、西側に亡命してたクーベリックが指揮を執った記念すべき演奏。アツすぎる。プラハの春音楽祭のオープニングで毎年演奏されるわが祖国は、チェコ人の愛国精神が込められてて、そういう意味でもアツすぎる。

 

何度も言いますけど、即興ですよ。

モルダウピアノ曲版もスメタナ自ら書いてますが、ソロピアノ+4手連弾ですよ。

 

なんかすごいとかいう安っぽい言葉で言いたくない。

どうすればいいんだ。

 

というわけでござさんのことは勝手に

小さな巨人

と呼ぼうかと思うんですけど。

どっかで聞いたワードかもしれませんけど自分はそれらの情報を知らないので、ござさんにたいする形容として使いたい。

 

あらゆる点で見た目とそれ以外が乖離しているので。

 

 

 

 

ファンにとってツイキャス練習配信とは

 

えー、久しぶりのブログではありますけどこの記事はお願い口調です。

 

単刀直入にいう。

ござさん。

2/7(水)のtwitcastingでの練習配信、

アーカイブの公開をお願いいたします。

 

ツイキャス練習配信は、ござさんの2000曲を遥かに超えるレパートリー群をアレンジの振り幅もそのままに保全するための、記憶呼び起こし練習といった位置づけにすぎないことは重々承知しています。

練習配信で一曲ずつ丁寧にアレンジを思い出すことで原曲のイメージを保全することが目的なのですよね。

ですから、ツイキャスはあくまで個人的練習空間であり、それを生配信してるだけでもすでに必要外サービスにすぎず、録画アーカイブの存在については第三者にその是非を問われる筋合いは一切ないこともよく分かっているつもりですけど。

 

 

でもあえて言わせてもらえば、あのござさんが偶然みつけたランダムに曲を選出してそれに従い弾いていくシステムは、ファンにとってもまさに世紀の発見だったわけです。

なぜならパソコンによってランダムに曲が選ばれるので、レアな曲も頻出するしレアなジャンルも平等に拾われるから、Youtubeでよく聞く曲だけではなく、ファンにとってもござさんの新たな一面を発見できる曲だったり、意表を突くアレンジに出会えたりする貴重な時間なのです。

 

リアタイしてる人数もYoutubeと比べてさえも格段に少ないですしアーカイブの再生数も少ないですけど。

 

でもツイキャス配信は、Youtube配信とも違う時間をござさんのピアノとともに過ごせる、ファンにとってはとても大切な空間です。

 

え?

2/7(水)のアーカイブ公開がまだなら過去の配信がいくらでもあるじゃないかって?

そうですね、過去配信にはJAZZの曲限定配信とか、ござさんならではのFANTOMの音色を使っての鍵盤ドラム練習配信とか、ツイキャスだけでもたくさんあって聴ききれないほどです。

Youtube配信も含めるといくらでも時は過ごせそうにも思えます。

 

でも、あの配信の目的が練習なだけに、日時の告知なく突然始まるものなので、当然聴きたいと思っているファンの中で全員が聴けるわけではありません。

そしてツイキャス練習配信はレパートリーの保全目的とはいっても、でもだからこそ演奏は所々確認しながら完全なものを追求されていたりしてYoutubeの即興配信とは違ったみどころがあるものです。

原曲に忠実とはいえどもござさんならではの絶妙な解釈が加えられたりしている演奏を、繰り返しアレンジを確認しながらじっくりと聴き込みたいファンもすくなからず存在するのです(たぶん)。

 

こんなブログの中なのに話しかけ口調ですが、ていうかこんな記事の中までござさんが読んでくださることはないでしょうけど、でもどっかで言いたかったので書く。

 

ないものねだり?

たくさん既にアーカイブのこってるのに贅沢な注文?

単にファンのわがまま?

余計な事?

配信者へ意見するなんてタブー?

 

まあなんとでも言って下さって結構です。

 

自分は偶然今回は練習配信を聴くことができてましたが、楽しかった配信のことはいくらでも振り返りたいものです。

いわんや聴けなかったときはなおさらです。

ござさんのアレンジは何回聴いてもふしぎな宇宙みたいに惹きつけられるので。

 

そのような、ファンの少しでもござさんのピアノと共に過ごしたいっていうささやかな願いを、少しでも汲んでいただければ幸甚に存じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログを休む話

 

この部屋で三年半くらい書いてきたわけですが、

書きたいことは一段落した気がするのでこの辺でこの部屋は休止します。

 

最近個人的に身辺が落ち着かないのでしばらくここの部屋のことは考えられないのもありますが、他にも要因はある。

 

ござさんの世界については、本質的には書いても尽きることはないはずだけど、自分の書ける範疇はここまでです。

あとは音楽アレンジの内容に懸かることなので自分の理解の及ぶ圏外です。

そこは有識者の方が解説したらよろしいかと存じます。

 

特記するべきことは尽きてきたと一年位前から思ってたのですが惰性で続けるのも意味ないのでここで筆を置きます。

今までご愛読いただきありがとうございました。

年末からここの記事を休んでみて、お試し期間というかその間にやっぱ書く気になるかどうか様子をみてたけどやっぱり同じだったため。

 

あまりにも視点が近すぎて解像度が逆に下がってた説もあるので、いったん休んだら何か見えてくるかもしれないし。

 

どっちにしても事件の匂いを嗅ぎつけるとすっ飛んできますのでご心配なく。

気性が新聞記者のため。

若い頃は新聞記者になりたかったし。

でも今思うとそういうメディアの屋台骨というか看板を背負ってやるのは言論に制約しかないので、自分は野良で好きな事やってるのがいいし。こうやって好きな時に好きな事つぶやいてるのがいいです。

 

久しぶりに大河ドラマが好きな分野のためそっちの記事でも書いてみます。

別の歴史オタク部屋で。

その感想のツイートも別アカウントのため、ピアノのTLをお騒がせすることはありませんのでご安心ください。

 

最近ござさん本人から明らかにもうすぐ告知あるぞムーブがきてますが、本来、告知関連の情報はそんな個人のつぶやきでもたらされるものではなく、もっと「第何次プレスリリース」的であるはずだ。

つまり、個人でつぶやいてるうちは、取材してほしくないモードなんだなと解釈しました。

 

というか売りたい雰囲気を感じないので、このブログで拡散する意欲が出てこない。

あのレベルの演奏家さんに必ずあるべき、広報部が発信する形式の情報がない。

あるのはただ演奏だけ。

あまりにも無造作になにげなく、野辺の茶堂にそっと手向けられた音楽。それは行き交う人の心を慰め、元気づけ、癒す。

ただ自由にひっそりと存在する音を、無碍に脅かしてはいけない。

 

事件の端緒をつかみ、取材してほしい雰囲気がどこかに感じられたらまたこの部屋に戻ります。

たぶん。

 

それまでは別の歴史部屋に棲息しているのでそっとしといてください。

では。

(歴史部屋の記事は大河ドラマの#つけてテキトーにTwitterにでも上げることにする)

 

 

 

 

 

 

12/3の生配信 ござさん14周年おめでとう

 

目次:クリックで各項目へ飛べます

 

 

 

ワダツミの木


12/3(日)のYoutube生配信はワダツミの木で幕を開けた。

この曲は前日の12/2(土)にござさんもゲストで参加された、中孝介さんのワンマンコンサートの中の一曲だ。コンサートに参加できない遠隔地民とか都合つかないファンの人たちに、コンサートの雰囲気を分けて下さったのだと思う。

有難いというかなんというか。

自分は勝手にござさんからの無言の心づくしだと思うことにした。

なんというかファンの方を向いてくれてると思うんだ、音楽的に。

思い込み?ええ何とでも言ってください、自己満足とでも何とでも。行けないけどコンサートに思いを致してるファンもいるんだってことを、ござさんは忘れないでいてくれてるって思うことにしたんだ自分は。

 

ーー以下、ヲタクの早口ーー

ワダツミっていうのは海神と書く。ワタツミ、海津見ともいう。つまり海を司るというか海を主宰する神のことだ。

沖縄と奄美は由来とか歴史が厳密には違うけど、概して南西諸島は南方つまりフィリピンとかインドネシアの東南アジアの海洋民の系譜を継ぐ。遺伝的にも、文化的にも。

彼ら南方の民の死生観というのは遥か海の彼方の常世の国と往来するものであって、そこにはニライカナイという豊穣をもたらす世界があった。特に海の底ではなく海の向こうという意味だ。

生活の場も交易も海を舞台に、海に生きた民族。奄美の民謡には彼らの祈りがこめられている。

 

ござさんのピアノは静かな波をたたえる青い大海原のように……どこまでもひろがる壮大な世界を、奔放な筆致で描き出す。

ござさんのオリジナル曲の清新の風は大海原に漕ぎ出す冒険の始まりであり序奏。

ワダツミの木はそういった航海者をも全てを俯瞰して包み込み抱擁するかのような、海という存在そのもの。歌詞は人の心の機微を書いているが、曲調は民謡の憂いを帯びながらも美しい旋律が印象的。

 

 

ござさんの生配信は14周年

そして何気なく拾われたリクエストは戦場のメリークリスマス。この曲のござさんの演奏は生配信を中心に名演奏揃い。坂本龍一氏への畏敬の念がそうさせるのだろう。

メドレーで目まぐるしく変わっていくアレンジとは違い、腰を据えて聴かせてくれる。季節の曲というよりは、その時のござさんなりの解釈が盛り込まれてて、いつも考えさせられる曲だ。

でもござさんとしては「昔からリクエストをたくさんもらう人気の曲」だから生配信で弾く、とのこと。やっぱファンの方を向いてくれてるんだよ、ござさんは。音楽的に。

ファンが望む曲を、どういうふうにしたらより魅力的にして届けられるか。

それがござさんの配信のテーマだ。

その姿勢は一貫して昔から変わらない。

 

ござさんがYoutube配信を始めたのはだいたい2015~2016年頃?だがその前はツイキャスとかその前はニコニコ生放送で配信を行っていた。

そして突然生配信中に告げられる、配信開始して何年か記念。

このニコニコ生放送履歴(アーカイブは非公開)を見ると確かに先月25日で14周年記念日を迎えている。

 

 

ござさんのピアノ配信は、

2009年以来のニコニコ生放送ござで御座います。-ニコニコミュニティ )

ツイキャスござ 🎹 (@gprza) 's Live - TwitCasting )

と、媒体を変えながらも定期的にずっと続けられてきた。

今年で14周年。

大学に通いながら、仕事をしながらと生活基盤の変遷を経て、途中に中断もあったのかもしれないけど、自分はリアルタイムで聴いてないのでわからないがとにかく続けられている。

ずっとリクエストを拾いながら。

自分が知ってからのござさんは、それまで続けられてた介護職から音楽専業になり、(途中でペンギンマスクをかぶりながら、)ピアノも買い替え、引っ越しし、CDも出してオリジナル曲の楽譜集も出してコンサートも開催して……と活躍の場を広げられている。

しかしそれはここ3~4年ほどの話。

上記の通り、ござさんの活動は基本的には黙ってリクエストを拾いながら生配信でピアノ弾くのである。ペンギンマスクかぶる前は画面も手だけの出演であった。ニコニコ生放送では、登録名を空白にすると自動的に  _ っていうアカウント名が割り振られるらしい。つまり名前とか入力せずにただリクエスト拾ってピアノ弾いてたってことになるが、ファンからは _ 先生、つまりあんだば先生と呼ばれて慕われていた。

どのくらいファンがいたのかというとニコニコ大百科に項目を立てられているほど。

あんだば先生とは (アンダバセンセイとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

奇を衒った趣向もなく目を引くキャッチフレーズもない。目を引くというより、度肝を抜くのは演奏そのもの。そこにファンがさざ波みたいに静かに寄り沿ってピアノに耳を傾ける。

ござさんの活動の本質は今も昔もそこにある。

 

ニコニコ生放送時代のレパートリーは、このプロフィールによると
資料:【 ござで御座います。-ニコニコミュニティ 】

三大巨頭(byござさん)である東方の曲、ボカロ、それとアイマス。それからアニソンにゲーム音楽音ゲー……

限られたファンによって支えられてる狭いコミュニティ?そうかもしれないけど再度注目されたりして、ござさんによれば「形を変えて伝えられてる」ものも多い。

 

【春夜宴桃李園序(の冒頭)】(李白

夫天地者萬物之逆旅、 それてんちはばんぶつのげきりょにして

光陰者百代之過客。 こういんはひゃくだいのかかくなり

而浮生若夢、 しこうしてふせいはゆめのごとし

爲歡幾何。 かんをなすこといくばくぞ

(現代語訳)月日は万物を泊める宿。時の流れはゆきかう旅人のようなものだ。生者と死者の違いは夢を見ているか、夢から覚めたかの違いでしかない。楽しい事と言ってもどれほどのことがあるだろう。

松尾芭蕉奥の細道にも引用されてるこの李白の詩を意訳すると、

「だからこそ、その時代の『今』を全力で楽しもうよ」

ってことだ。

きっと記憶に残るからだ。

 

ござさんの年齢が12才だったり17才だったり14才だったりするのは要するに追及するなってことでしょうから、謎の存在ってことにでもしときましょうか。

時代も、そして国境も民族の壁も超えてあらゆる音楽に精通するござさんですから。

 

そんなござさんにも心の故郷はあるわけで。

ニコニコで流行ってた曲がござさんの帰るところなのだろう。

10代に聞いた音楽は一生聴き続けることになるっていうし(え?ござさんの年齢ですか?シリマセンケド)、それは精神的なベースを築くことになる重要なファクターだ。

心の拠り所があるって人間形成のうえで必要不可欠だから。

今流行ってるかどうか、そういう議論はしてない。

 

ニコニコ生放送でよく弾いていた曲

さて何気なく拾われたリクエスト、戦場のメリークリスマス

坂本龍一氏の曲でもありござさんは思い入れがあるのだと思う、いつも印象深い演奏をされる。まずイントロが標題音楽風に幻想的な雪景色を描いてて、それからJAZZバラードふうにとかSwingで盛り上がったのも束の間、さらに冬のぴんと張り詰めた空気みたいなオルゴールふうな中間部から終盤へ劇的な展開を見せる。

戦争という普遍的なテーマをも超えて、かといってクリスマスという標題で終わるわけでもなく。ござさんの抱くイメージは抽象的、哲学的なものを内包しててもはやひとつの宇宙を形成していてコンテンポラリーダンスの舞台を一本見たかのような重厚な世界観。どう解釈するかは聴き手ひとりひとりに委ねられている。

この曲とござさんが歩んできた音楽活動の歴史そのものが凝縮されていると言えるかもしれない。

ニコニコ動画(いりすさんのアカウントから):まだあんだば先生と呼ばれてた頃のござさんと、いりすさんによる演奏。

 

リクエスト曲の栄枯盛衰を辿るーー組曲ニコニコ動画と、ニコニコ動画流星群

最近コンサートの練習が続いていたから、自由に自分の持ちレパートリー(いうても2000曲以上あるわけですけど)を弾きたくなったのだろうと思う。それがきっかけ?

今年は先月でちょうど14周年ということで、ニコニコ生放送でむかし良く弾いてた曲メドレーやりましょうと弾き始めるござさん。

そして俄然色めき立つチャット欄。

きたか…!!

  ( ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄
  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄
  ( ゚д゚ ) ガタッ
  .r   ヾ
__|_| / ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

 

 ⊂( ゚д゚ )
   ヽ ⊂ )
   (⌒)| ダッ
   三 `J

 

このくらい一斉にチャット欄が湧いて一気にコメントが来た。みんなどこにいたんですかそこだったんですねっていうくらい、藪に隠れてたんかと思うくらい。 

ニコニコ時代、たぶんこのキーワードですでにテンプレのメドレーをみんな思い浮かべてたのかもしれない。

いつも隙あらば配信でアニソンを選び、ボカロとかゲーム音楽のリクエストを拾うとなると時間を忘れて楽しんでるござさん。そういう姿の原点を見た気がした。

※今回ござさんが生放送で弾いてたメドレーの元動画:投稿は16年前。
ニコニコ動画流星群 - ニコニコ動画
組曲『ニコニコ動画』 - ニコニコ動画

(※原曲版(?):「ニコニコ動画流星群」を原曲だけで再現してみた - ニコニコ動画
( 組曲『ニコニコ動画』を元の曲で再現してみた(最終調整版) ミラー - ニコニコ動画 )

と言っても、もともとは個人ユーザーが耳コピして作ったDTM打ち込み音源らしい。

ひとこといいですか?

耳コピして音源作るって、ござさんの耳コピしてピアノ弾いてみたとやってること一緒じゃありませんか?

ござさんのホームグラウンドがニコニコ動画と生放送なのがなんなく腑に落ちた。そういう自由な創作の場で混沌としたカオスの世界なんだな。ちなみにルールは存在しない。

そういやこの冬曲メドレーの粉雪のところでこなあああああああ(以下略)って字幕がついてるけど、ニコニコの弾幕そのままだなってことに、今気づいた(遅)。
観客0人が2分で満員コンサート!?冬うたJPOPメドレー! - YouTube

ござさんのニコニコ動画の概要欄に決まって「ゆっくりきいていってね!」とあるのも、(東方キャラの)霊夢魔理沙ゆっくり実況ふうなんだな!ってことにも今気づいた(遅)。
黄金の太陽「サテュロス・スターマジシャン戦」を弾いてみた - ニコニコ動画

 

ニコニコ生放送で人気を博し一世を風靡したニコニコ動画メドレー。

ござさんのピアノメドレーは、上記に挙げた既存のメドレーを新しく曲を組み替えて要所を押さえてるところに、並々ならぬ思い入れとこだわりを感じる。

当時をリアルタイムで生きてた生放送の住民:ござさんの独断と偏見満載の選曲。メドレーの元の構成からベースライン強調してみたり(らき☆すた)、曲の別のところをピックアップしてみたり(True my heart(きしめん) )、ボカロも混ざっててローリンガールは激しい原曲がバラードのサビ風になってて感動する。

微に入り細を穿つ演出の再現度につられ、思わずチャットに浮上したと思われる人々であふれててめっちゃおもしろい。ニコニコ動画時代からのファンの方かなあ?と思うとなんだか嬉しい。知らない民としては聴きどころがわかって参考になりますし。

ござさんならでは、ここでしか聴けない組曲「みんなのニコニコ動画」。

いえここでなくてもほかにもニコニコ組曲その他一連のメドレー曲を弾いてみた動画はネットに上がってますが、自分はござさんの演奏が好き。上記のようにござさんならではの視点が反映されてるから、そういうアレンジが好きなので。

最後のさくらさくらの曲も原曲通り(?)のエフェクトかけて音程外れた琴みたいな感じにしてくるところも大好き。そこでチャット欄が

そこまでやるんだwww

音の外れがバッチリwww

組曲まんまwwww

とか、総ツッコミの嵐で笑う。

 

(自分ですか?ええござさんの生配信で細々と覚えてたところに、この組曲が9割わからなかったので、必死でニコニコ大百科で調べてたら一週間かかってこの感想書くのが遅れてすいません)

 

しかし当時の流行から10年以上、このメドレー動画から数えて16周年らしいので、少なくとも流行ってる曲というカテゴリでそれらの曲をリクエストしてくるファンはもういない。

「自分と同様に、当時を懐古するファンはしかし一定数いる。」とござさんは前置きしながらも、リクエストにも時代の流れがあり、ファンの思いに応えるかたちでずっと演奏してきたからニコニコ時代の曲のリクが飛んでこなくなったことにござさんは、もう取り戻せない時間の流れを噛み締めていることだろう。

そんな現在のYoutube生放送には、一抹の寂寥感が片隅に居座って去ろうとしない。

………どうするって?

リクエストし続けたらいいんじゃないですかね。自分らファンが当時の曲を。上記のメドレーにある曲に限らずいっぱいありますよね、ニコニコ時代からおなじみのござさんのレパートリー。

世の中の流行が絶えず変遷していく様子はもう生き馬の目を抜く勢いで目にも止まらない速さだが、ちょっとくらい昔を思い出してリクエスト飛ばすのはいいはずです。

だって歴史と同じく語り継がなければ記憶は人々の心から消える運命なので、ござさんが弾き続けることで文化は継承されるのではないだろうか。

何をリクエストすればいいかって?

そんなん自分も全然リアルタイムではシリマセンデシタけど、このござさんのニコニココミュニティに曲リストあるからこういうのをリクエストすればいいのでは?

主にゲーム音楽音ゲー、ボカロ、東方の曲が詳しく挙げられている。その反面アニソンは詳しく載っていないが……

 

いたづらにリクエストを飛ばしてコメント欄が無駄に速く流れていくことには反対派なのだけど、しかし流行曲をたくさんリクエストすればファンも新しく聴いてくれるひとがいるかもしれないという説もあるが、しかし古い文化も大切にすることにも意味はあると思うので。

常に配信にて新しい曲を装備し、新しい世の中の流れを意識するのも一つの方向性ではあるけどそういう風潮はござさんの配信には似合わないと思うから。新しい曲だから弾く、というよりファンに求められて弾くという方針のように思われる。

昔のニコニコ動画きいてた人にこそほんとは今のござさんの演奏聴いてほしいけどな。

画質も演奏環境もよくなって全然残像じゃないござさんの手が見えるしほんと迫力が段違いです、バラード調に聴かせてくれる曲もなにもかも次元が違うんだけどなあ。

 

 

クリスマスの曲

ござさんはいつも季節に合わせてこまやかにリクエストを拾ってくれる。

まるで和菓子が、その意匠に四季の移ろいを繊細に映し出すみたいに。

秋の曲と言っても夏の残暑厳しい中に一瞬秋めいた空気を感じる初秋、澄んだ空気に満月が皓々と輝く仲秋、爽やかな秋晴れに時折木枯らしが混じるなか芸術を堪能する晩秋……といったふうに、ござさんはメドレーの構成からアレンジの演出まで細かく使い分けているのだ。

季節の曲はその時期に弾いてこそ共感される、その時期ならではのアイテムということも出来るだろう。旬の味覚は、栄養的にも味も旬の時期に食べてこそだし、また年中行事にもその時期に行われるのにはそれぞれ意味があるように、音楽も季節に応じて楽しまれてきたジャンルがある。とくに民謡や民族音楽、童謡。POPSやクラシックにも季節を描いたものは数えきれない。

 

ござさんにとって、クリスマスにまつわる曲は宗教的な讃美歌から洋楽などいろんなジャンルにわたっているしアレンジの発想は尽きない楽しいお題なのかもしれない。

今回もニコニコメドレーの後に仕切り直して洋楽弾きましょうと始めたはずが、がっつりクリスマス曲に持っていかれている。

チャット欄から、洋楽どこいったって総ツッコミだがそんなことは気にしてはいけない。ござさんが洋楽っていったら洋楽なんだ(棒読み)。ほら外国の曲ばっかりじゃないですか???

12月に入りいわゆる待降節、つまりアドベントの期間に入って世の中は街のイルミネーションも華やかに彩られ、お店のウインドーは賑やかに飾り付けされて、クリスマスマーケットではグッズを求める人々でにぎわい、子供たちはサンタさんにリクエストするプレゼントを考えるのに忙しいし、何かと気ぜわしい中にも胸躍る季節だ。

そんなワクワクする季節なのだから、待降節のカレンダーを数えるようにクリスマスの曲で盛り上がるのも悪くないだろう。

なんどもいうがござさんの演奏はあらゆる手段で趣向を変えてくるのでまあ聞いた事あるからって飽きることはほぼないですね。

ただ。ござさんのレパートリーが振り幅大きすぎるので、もったいないから同一テーマはもうちょい間隔をあけてやっていただき、もっといろんなテーマでランダムに拾っていただきたいってことくらいでしょうか。ござさんとしてはあくまでメドレーを拾うにしても偶然というスタンスを貫きたいようだから、そこを深く考えるのは無理なのだろうと推察しますが。

(個人的に)ウチでは餅はついてもクリスマスツリー出すとヒンシュクかうので、ござさんの配信が唯一クリスマスらしい雰囲気を楽しめる空間なので演奏してくださるのはすっっっっっごい楽しみです。

さらに個人的にいえば、 ジョンレノンのHappy Xmas (War Is Over)をじっくり演奏してくださって嬉しかったです。クリスマスの曲ですがこの歌詞に考えさせられることは多いです。

 

資料:過去の動画リンク。ストピだけでも4つある。生配信の曲も入れたらメドレー演奏は数えきれない(ので数えてなくてすいません)

2019/11/17  都庁ピアノでクリスマスメドレー

 

 

 

 2019/12/08(これもクリスマス曲メドレーです)

 

2020/11/23 教会で讃美歌聴いてるような響きです


 

2021/12/13 圧巻の迫力です


 

 

今年流行った曲とかいう当たり障りないお題

厳密に言えばここ数年で流行った曲メドレーらしい。そうだよねござさんはその年の流行曲を紅白見て仕入れて覚えるって言われてたから、この時点じゃ今年の流行曲はまだマスターできてないはずだ。部屋にテレビ置いてないらしいですし。

そういうわけで暫定的今年の振り返りと、ここ最近の人気曲ってくくりでいってみようってことになった。というお題の、強風オールバックがどの曲と相性いいかっていう実験でした。あしからず。

だって流行りの曲そのままやってもみんな知ってる曲だしつまんないですよね?というござさんの心のつぶやきが聞こえた(ような気がした)。

あ、B’zのウルトラソウルが聞こえるなーなんでだ今年の曲じゃないぞと思ってたらAdoさんの唱でした、大変失礼しました。セトリ見るまで間違えて考えてましたすいません。

 

この辺の曲は全部サブスクでリアルタイムで手軽に聴ける環境にあるので、まあ生放送で何が面白いってござさんの配信でいえばどうやってヘンタイな 意表を突いたアレンジしてくるかが聴きどころですしね。

クリスマス曲が洋楽からのメドレーというお題で正統派だったじゃないですか、やっぱ流行りの曲はどんだけ混ぜれるか縛りで遊ばないとつまんないですよねっていうござさんの心の声が聞こえます。

どうやって即興で混ぜてるのか。たぶん曲のキー(原曲の調)が近親関係で混ぜやすいとか?コード進行が似てるからやりやすいとか?リズムとか拍子が似てるとか?あるんだろうと思われるが素人だからくわしいことは知らない。

なぜか曲混ぜながらなのに鍵盤ノールックでモニターを眺めるござさん。チャット欄はいいように手玉に取られて混乱を極め、そんな上へ下への大騒ぎの狂乱ぶりをしてやったりとほくそ笑みながら……優しい視線で見つめながらリクエストを拾っててほんとにwwwww

メドレー弾いてみても「もうちょっと混ぜようがあるな、研究の余地が……」と練習が止まらない。それは勤勉で真面目な姿勢というのかなんて言ったらいいのか。

 

 

あと。

最後のメドレーの長調で弾くビッグブリッジの死闘も即興とは思えないです、独創性が炸裂してる。綺麗なアルペジオからショパンシューマンの曲でそういうのあったっけっていうイントロからのゲーム音楽が意外過ぎる。

長調っていっても古典派とかバロックみたいな正統派よりロマン派っぽいですね。

何言ってるんだか。

なんか優雅な宮廷サロン風で、もはや死闘でもなんでもなくなってますね。

さらにルパン三世も、葛飾ラプソディーも意表を突いたアレンジ。

 

生配信のアレンジはどれも実験的で攻めてて、聴いてて飽きないですがとくに最後のノーストップメドレーがどれも必聴ものっていうか最後の方が脂が乗ってくるというかゾーンに入ってるというか。

どれも発想の切り口が鋭角でその刃物で常識を切り裂く攻め方してて、素人ではその理屈は説明できないからとにかくみんな聴いてくださったらいいと思います、度肝抜かれるから。まあこれ読まれてるかたはいつも聴いてるかたとは思いますが。

 

(ほんとは11月のほかの配信、19日のとかも書きたいけど順番が前後しててすいません、ニコニコ動画の復習の都合上、こっちが先になりましたが11/19の感想書けるかどうかは都合によるのでわからない)

 

 

 

音楽とござさん

 

この記事の題名。お題がざっくりしすぎというか、対象が大まかすぎてはっきりしないのですけど、これ以外に適切な表現がない。

 

"音楽という人類共通の文化"

ーーーこれを普遍的に、世の中に分け隔てなく広めたい。

老若男女にあまねく親しまれるようにもっと魅力を発信したい。

ござさんの音楽に対する接し方、音楽活動における立ち位置を考えるとこうなるのです。

 

11/12のお誕生日配信でござさんはふと、さりげなく言われている。
【スペシャル】グランドピアノ弾いてますリクエスト募集中! 2023/11/12 - YouTube
(※この記事書くのが遅すぎてもうメンバーシップ限定公開になっててすいません)

「クラシック弾きましょうか?こういう特別な配信では、ひねらずに王道を弾けばいい気がするので。」

この言葉に自分は決定的に違和感を感じた。違和感ありすぎてこのお誕生日配信のアーカイブが二週間くらい振り返れなかったくらい、自分の認識と決定的にずれている何かがあった。でもそれがわからなかったのでここの日記も更新できずじまいだったのだけど。

お誕生日配信ってもっと華やかに楽しくやるんじゃないの?いつものアレンジも特別バージョンとか、豪華な盛り上がる曲でファンと一緒に今までの一年を振り返り、これからの活動の抱負を述べるとか・・・?

え・・・?ひねらず王道?????

と、オーソドックスな選曲を眺めながら自分の中で自問自答してみた。

でもどうしても答えは出なかった。

 

しかしちょっとしたきっかけで解決の糸口をもらった気がするので、考え方を変えてみた。

 

ござさんは音楽活動をしている。なんのために?

 

 

その答えはこの動画の冒頭で既に提示されていた。明文化されているのはこの時だが、語らずともその姿勢はネットで活動を始められた2009年から(2ちゃんのセッションスレを考えるともっと前かも)、ずっと一貫して続いていると言っていいだろう。

ござさんの目的は「全てのジャンルのピアノを弾きたい」

 

でもこの動画を見た時すでに、自分の中のどこかで疑問は提示されていたのかもしれない。

「すべてのジャンルをピアノでって、何のために?」

ござさんのこの徹底した満遍なくすべてのジャンルの曲を弾くっていう姿勢のために、練習内容とか選曲とか、音楽家としてのかなりのリソースをそこに割いていると思うんですよね。

それだけの腕前をお持ちなのだから、何かのジャンルを極めることなどたやすいとは言わずとも夢ではないはず。

たとえば。

JAZZアレンジを長い年月かけて掌中に納められているのですから、JAZZの本場のアメリカに行って研究なさるとか、ラテンの本場に行ってリズムを肌で体感し会得するとか…もう自分のものにしてしまわれてるけど、よりそれぞれの分野の研究が深まるのでは?それは、ござさんのレパートリーのあらゆる分野に言えることではないのか。

何かを究めたござさんのピアノ、進化したござさんの地平線の彼方に見える姿はどんなだろう?って見てみたいと思った。

自分のこの考え方がつまり現実のござさんの姿勢とずれていたから、ずっと自分の中の違和感は消えなかったし、しんどかったのかもしれない、と思う。

 

ござさんはどこまでも音楽の本質を追求している。

 

ござさん自身が演奏家として極めるため?

というよりは、

音楽の本質をつまびらかにして平易へいいに表現し、あまねく世の中に知らしめたいのでは?

つまり活動の主体はござさん自身ではなく、音楽そのものに置いているのではないか。

探求すればするほど、音楽に対して真摯に向き合うほど、ござさんの中では個としての自分の存在は音楽の中に埋没して個性は見えなくなっていく。

ござさんは唯一無二の個性的な存在であることは間違いないのだけれど、ご自身からは決して個を誇張して発信されない、という意味だ。

音楽を主体として発信するときに個はむしろ余計な存在だとでも言うかのように。

 

生配信のときにいつもあらゆる分野を長期的に見て偏りなく色々演奏されるのも、

それは聴く人全てに、あらゆる分野にわたって音楽は分け隔てなく素晴らしいのだということをわかってもらいたいからなのかも。

そのために手を尽くしてアレンジを色々試し、どのようにすれば聴き手に伝わるのかを探求しているように見える。

 

月刊ピアノでアレンジ楽譜とコラムを連載されてるのも(もう年明けから5年目になるのでは?)、

ござ式のピアノ演奏のアレンジの手引き的な本をまとめられたのも、

全部、ござさんの考えてる世界を少しでもファンに体験してもらって、一緒に音楽のすばらしさを共有したいからだと思う。

 

ござさんは超絶技巧を操り、また複雑な音楽理論を駆使して縦横無尽に夢みたいな演奏を配信で披露されている。

でもそれらの根底にあるものをわかりやすくファンにでもできるところまで解像度を鮮明にしている。なぜならファンが理論とか知らなくても、曲についての知識とかなくても、ござさんのピアノは直接心に訴えかけてくる説得力を持っているので。

 

音楽にはジャンルの垣根も国境もない。

色々気軽に取り組めるし、躊躇することなく気構えることなくやってみると、そこには無限にめくるめく世界が広がっているから、一人でも多くの人にそのことを知ってもらいたいと思われているのでは?

 

月刊ピアノの連載のコラムの懇切丁寧、優しく平易にして本格的に掘り下げた内容。

アレンジ楽譜の色んな分野を取り入れつつもしっかりとござさんならではの和音とかコード進行?が盛り込まれててしかも素人でも練習すればできるのでは?と思わせてくれる、現実的な難易度。
※動画一覧:月刊Piano「ござさんの All that Goza's Piano Arrange」 - YouTube

ござ式のアレンジガイド本の、わかりやすく系統的にまとめられた内容と、素人と中級者の方向けに分けられたステップ別の解説。そして圧倒的な量を誇る具体的演奏例と楽譜。ござさんによる何十本もの演奏音源までつけられている。

 

どうにかして、素人にも、ピアノ触ったことない初心者にも、音楽に興味持ってもらって一緒に楽しんでほしいっていう熱意をひしひしと感じるのだ。

もはや執念と言った方がいいかもしれない。

 

これらは全部自分の想像にすぎないけど、ござさんの性格とか活動の姿勢から考えてそう仮定するといろいろと腑に落ちることが多いということだ。

音楽は、時代も国境も人種も越えた、人類共通の文化。

 

音楽を英訳するとmusic、この単語が意味する狭義の音楽というのは、直截的には中世に端を発する西洋音楽を意味する。(このムーサという単語はmuseum、つまり美術館・博物館の語源でもある。)

英語の"Music"を始め、ヨーロッパの多くの言語においては、古代ギリシャ語のμουσική (mousike; 「ムーサの技[わざ]」の意)を語源とする。ムーサはミューズの名でも知られる芸術や文化を司る女神である。(※参考リンク:音楽 - Wikipedia より)

しかしござさんは民謡とか民族音楽とかも同様な視点で見ていて、そのほか音とリズムで表すことのできるすべての存在を音楽と捉えてるようだ。

ござさんの奏でる調べは世の中にあるすべての音楽に敬意を払っている。ゆえにどの曲のアレンジも聴く者の胸にひときわ深く響くのだろう。

 

 

ーーグランドピアノとござさんーー

2023/11/12の生配信はござさんのお誕生日ということもありグランドピアノスタジオからの演奏だった。

序盤の選曲も千と千尋の神隠しからの「ふたたび」という曲……

ほぼグランドピアノ配信は2年ぶりだからだろうか。

このスタジオも以前毎週通われていた配信のスタジオと同じ場所、たぶん同じ部屋でピアノも同じなのだろう。

ひさしぶりの懐かしい相棒との再会に際して「ふたたび」のアレンジをイメージされたのかもしれない。

「やっぱりグランドピアノ弾くの楽しいですねっ!」

と、ござさんは、はやる心を抑えかねてる様子。

 

グランドピアノをスタジオじゃなくて家に買えばいつでも弾ける、練習もいつでもできるという説もあるが。

ござさんはあくまでスタジオで弾きたいのだろう。

そのほうが色んなピアノに出会える。ピアノにはそれぞれ個性があるらしいから、その時置かれた状況でピアノにどう接するか、どう弾くかを工夫するのもござさんの中では楽しみの一つなのかもしれない。

家にもグランドピアノ、買えるはずですがござさんの音楽活動の中ではグランドピアノ弾くだけが全てじゃない。色んな音楽に対してフラットに接するというなら、ピアノ弾くだけじゃなくてござさんの表現方法はもっとマクロな選択肢を持つだからだ。楽器としてのピアノ演奏のみを通してござさんの音楽を理解しようとすると、途端に演奏から流れて来るござさんの思考は言葉を失ったように口をつむぐに違いない。

 

でも楽器としてのピアノ、そこでしか得られない音色も厳然として存在することに偽りはない。

だからこそござさんはグランドピアノの音色との出会いを楽しんでいるように見える。あくまで個人的な楽しみとして。

楽器は演奏すると自然な音の波長が何重にも派生して豊かな倍音を生み、音として聞こえる響きに豊かな表情をもたらす。その豪華で贅沢な音響には画一的な基準は存在しない。ござさんはピアノに実直に問いかけ、明るく伸びやかで豊潤な音のレスポンスを楽しんでいるかのようだ。

また、王道にして定番の曲としつつも、やはりござさんならではの和音の展開をひそませて、それに対しピアノから聴こえてくる響きに心地よい驚きとささやかな満足感を味わいながら、鍵盤の感触を楽しんでいるように見える。

だからこそ、ござさんにはグランドピアノの音を楽しむ空間を存分に味わっててほしいというか、好きなだけ楽器の生の音を愛でていてほしい。リクエストとか気にせずに二時間弾きっぱなしの楽しい時間でもいいじゃない。

 

と思うがござさんの生配信の題名にはいろいろ時季の文言をいれつつ絶対に外さないキーワードがある。それは「リクエスト募集中!」だ。あくまでござさんにとっては生配信はファンと、リクエストとピアノ演奏のキャッチボールの場なのだろう。多分そのスタイルはニコニコ生放送時代からずっと変わらないままだ。

 

それ見てて思うんだ。

ござさんはあくまでファンから求められてピアノ弾きたいんだろうな。

そしてファンが求める音楽という欲求に対して、演奏という形でどのように音楽を提示できるか?というキャッチボールの場、それが生配信なのかなと思う。

ファンから提示される音楽も、古今東西あらゆるジャンルに渡って音楽という存在全部を網羅せんとする勢いだ。

しかし、それに応えござさんが演奏にして現出して見せる世界は、ファンの思い描く楽曲そのもののもつ既成の概念を遥かに凌駕している。

あるときは孤高にして崇高な厳粛さを持ち、また誰もが涙せずにいられない抒情豊かな調べにあふれていて、ときにはロックやアニソンのビートが炸裂しベースラインが縦横に駆け巡る…

その発想は即興演奏のときにこそ、より鮮やかに閃いてまるで儚い陽炎のようである。

 

 

 

 

 

 

 

11/5の生配信

 

目次:クリックで各項目へ飛べます

 

 

テクい時代との訣別

ござさんのレパートリーにはテクい曲つまり技巧的なものが数多くあるが、少なくとも今はもう弾けなくなった、と言われていたものを挙げてみる。
「シュレーディンガーの猫(トイコンテンポラリー)」を弾いてみた (toy contemporary / piano cover) - YouTube

この音ゲー曲である。確かこの動画撮るのに年末年始の休みを全部費やしたそうで、定期的に弾く曲にするにはあまりにも練習のコスパが悪い、という事らしい。

 

テクい曲で行方不明のものは他にもある。やはり音ゲー曲が多い。生き残ってるのを祈るばかり。

L9 (piano cover) - YouTube (←11/5 弾いてくださったため生存が確認されました)
Macuilxochitl (piano cover) - YouTube
七つの海よりキミの海(波打際のむろみさんOP) on piano - YouTube

 

(そこでふと自分のかつての好みを思い出す)

自分も、いい演奏=テクい曲の演奏、という時代があった。音楽は競技、勝ち負けが全て、っていう価値観の時代。いわゆる若気の至りってやつだ。

 

しかし音楽は早さとかテクとかいう、ストップウォッチで測れる数字だけで比べることはできない。

そもそも、音楽を鑑賞するのに比べる必要なんかない

ていうことに、ござさんのピアノに出会ってから気づいた。

芸術は聴いた人がそれぞれにどう感じ取るか。

良し悪しというか順位なんて、聴いてる人の数だけ違う意見が存在するはずだ。

そういうことだ。

その感覚と、順位は全くベクトルの方向が違う。

 

三者が客観的につけた順位、それによって評価される演奏。

他人がつけた序列には別に興味ないです。

その序列は、音楽そのものになんか関係あるんですか?

それって運動会の徒競走の順位と何が違うんですか?

音楽ってそんな物差しみたいな単一の側面でしか見れないものなんですか?

音楽を、演奏を聴いて個々人が素直に感じたこと。

それこそが、音楽に対する正直なレスポンス。

演奏に対するそれ以外の応えって、無いだろう。

 

まっさらな状態で聴いて、いいと思った演奏、いいと思った音楽が自分にとって大事な存在。

 

自分は、「自分なりにござさんのピアノが大好き」っていう感覚をずっと忘れたくない。

それは誰とも違う自分の存在意義だと思って、心の隅に大切に携えていたい。

この部屋の記事を読んで同感だと思ってくださってる方がいるとしたら一緒にござさんへの気持ちを共有できてうれしいですけど、それはあくまで奇跡みたいな偶然であり、必然ではない。

そんな、偶然ござさんへの気持ちを共有できたという喜びをかみしめながら、ああござさんの音楽に傾倒されてる人はこんなにいるんだなっていう事実に感動しながら、日々ここの部屋で自分の気持ちをしたためている。

 

 

さて、この記事では11/5の生配信のことについて考える。

嬉しさを抑えきれないござさん

配信の最後のノーストップメドレー、いつも必ず最後にお題を決めずにチャット欄からリクエスト拾ってくれる、ござさんもファンにとっても楽しい時間。

「メドレーを長めに自由に弾きたいんです」

と、とにかく好きなようにやりたいということでその台詞どおり一時間はあったのではないだろうか。

このメドレータイムの自由さ、一曲を丁寧に弾いてくれるところ、バラエティに富んだジャンル、奇想天外な発想、…どこかで見たな。

そう、2020年8月までの配信で、前半1~2時間ノーストップでやってたスタイルに酷似してきた。

そのころ、配信のら後半は休憩を挟んでスーパーチャットで投げられたリクエストをメモし弾くタイムだった。スパチャによるリクエストは今は廃止されてるので関係ないとして。

だんだんあのころのスタイルに回帰しつつあるのかもしれない。

自由に弾くのがメインのスタイルに。黙ってずっとリク拾いながら弾いてたあの姿に還りつつあるのかもしれない。

滝コメからリクエストを拾う方法として、メドレーで色んなジャンルをやるという手法が定着してる気がするが、ござさんのアレンジが冴えわたり、独創性が炸裂するのはなんといってもノンストップメドレーだと思う。

 

制約も足枷もなくなった時のござさんの発想は……

思索のアンテナを多重次元にめぐらせて、

思慮深く海よりも深い精神世界を湛え、

ひばりのように空高くどこまでも羽ばたく。

 

もはや生配信全部ノンストップメドレーでもいいやん?という暴論も常に自分の中の片隅に居座っている。しかし決まったジャンルのメドレーごとにやってほしいという需要もあるし、滝コメからリクエスト拾うのにはメドレーが効率いいから、結局今のスタイルが最適解なのかもしれない。

ただ、ござさんの独創性は膨大なインプットがあるが故の賜物だと思うので、ござさんの自由な様々なツイートを見ては、あー次の生配信も楽しそうだなーとそっちに発想が飛ぶ。

 

冴えわたるJAZZ、ついていきたいファン

11/5 この日の演奏、なんといっても白眉は冒頭の2曲、Moon Riverともののけ姫の曲である。

いや生配信は全てが名演奏なのだが、あえてこの2曲を挙げる。この2曲を聴けばこの日の生配信のすべてがわかる、とはちょっと言い過ぎ?ほかにもいっぱいあったでしょって?

ただ、JAZZアレンジが素晴らしかったと言いたいのだ。

JAZZってなんだ?JAZZに特有の和音進行、特有のリズム、特有のアドリブフレーズ……ていう色々な音楽的縛りがあるはずだけど、この記事は素人が書いてるのでそういう知識はないのでスルーする。自分はただ聴いててJAZZっぽいな、お洒落な物憂い和音だな、アドリブがアツくてかっこいいな、とか野生の勘で感じてるにすぎない。

 

(そういう素人が聴いても)このオープニングの2曲が殊更に美しくて艶を帯びていた。前奏というか導入部からのゆったりとした曲調を丁寧に、ワルツなど交えながら優雅に語ってくださるござさん、その憂いを帯びた調べに静かに耳を傾けるチャット欄。

それからもののけ姫の曲で、映画のラストシーンで流されるEDテーマ。

ござさんの演奏って楽曲という存在に魂から向き合ってるんですよね。穏やかな曲演奏してても、根底に流れる音楽そのものへの情熱は隠しきれてないんですよね。

そこから編み出される音の群れはしみじみと心に響く。

 

ござさんのピアノ、こういう音ひとつ取っても、明らかに何か語ってるんですよ。

寡黙にして雄弁。

陰翳礼讃いんえいらいさん

↑ ※元ネタは谷崎潤一郎の随筆から。【陰翳礼讃 - Wikipedia :『陰翳礼讃』は、谷崎潤一郎の随筆。まだ電灯がなかった時代の今日と違った日本の美の感覚、生活と自然とが一体化し、真に風雅の骨髄を知っていた日本人の芸術的な感性について論じたもの。】

抒情的な音の流れが紡ぎ出すわずかな陰………

その中にござさんは細やかな感情を織り込む。

 

 

この日は配信全体がえもいわれぬ艶をまとった雰囲気に包まれていた。

J-POPのリクエストも、クラシックも、どんなリクエストもJAZZふうにリズムを揺らして崩し、ブルースふうな物悲しい和音を混ぜている。

原曲ふうな雰囲気に仕立てられた端正なショパンの雨だれが合間で顔を見せると……周りの物音がしない中、雨粒が滴る如く規則正しく刻む中低音の響きだけが波紋のように広がっていく。

 

上記の通り、この日のラストのノーストップメドレーは一時間以上続いた。

「生配信だし、弾きたいだけ弾いていいよね!」

というノリで嬉々として早速リクエストを拾うござさん。

そうです、仕事として音楽活動を続けられる中、この週に一回の生配信枠は、数少ないござさんが自由に演奏できる空間なので。

のびのびと、それはもう思う存分、好きなだけはっちゃけてください。

そんな楽しそうなござさんと素晴らしい演奏を愛でる空間と化している、ラストのメドレー。ファンとしては楽しそうなござさんを見られるのは本望なので願ったり叶ったり。

 

聴きどころって全部ですが。

特に拾っていくと……

ノーストップメドレー冒頭のJAZZ曲二つがすでにアレンジが美しい。奇抜なアドリブとかいうよりも楽曲として美しい。

 

その次のアラジンの曲も人気で楽しいアレンジだが、

革命のエチュードが素晴らしい。革命がまずフルバージョンで必聴なのはもちろん。というかメドレーなのにどの曲も長め、原曲通りとアドリブも加えて丁寧にアレンジされている。その次のアンパンマンと混ざってる革命が素晴らしい。ノーストップの白眉は何を於いても革命風のアンパンマンである。

チャットで誰かがのたまう。「あんこの入ってないアンパン」と。言い得て妙である。そして、ラストのキメがなんとなくモルダウの終盤ぽく、格調高くて壮大。何言ってるのか分からない?だってそうなんだからしょうがないです。

 

それから、I amから始まるルパン三世からのカンパネラ。どの曲にもシレっと I amが混ざってきてて油断ならない。いいからとにかく配信を聴いたら分かる。

※参考アレンジ(この配信中のアレンジ例動画、もう暗記してしまってこの曲を配信で演奏されるとこの動画が自分の中で自動再生されてしまうので困ってる)
【演奏実況】ノープラン即興演奏あるある(ピアノ)【I am(報ステ)】 - YouTube

I amが普通は、気軽に他の曲と混ざらないでしょ。

 

それからイパネマの娘につられてボサノバ風になる KICK BACK。その後ガチ版の KICK BACKも来てて一粒で二度おいしい。その後トーマスを演奏されてるが、この KICK BACKに途中から現れるトーマスではなく、単体でのきかんしゃトーマス。混ぜて下さってもよかったんですけど?

ボカロのrain stops, good-bye、ミュージカルCatsのMemoryとバラード調の原曲ふうなシンプルなアレンジ から、畳みかけるようにラプソディーインブルーの壮大なサビが続く。配信冒頭の曲調と酷似した、流れるような美しい旋律が静かに胸を打つ。ござさんのメドレーは流れを切らさず鑑賞するに限るというのはこういうところだ。

大きなJAZZの中にアクセントとして美しく壮大なバラード調の曲を挟んで雰囲気を変えているというか。

 

JAZZって本来の解釈ではアドリブが最大の見せ場、奏者の腕の見せ所、ってググったら解説サイトに書いてたので、素人の自分はずっとそういう認識だった。熱く手に汗握るアドリブの応酬こそがJAZZの醍醐味。魂の鼓動が聞こえるような熱量。そしてJAZZならではのコード進行をどういうふうに独自の展開にして織り込むか。

でもやっぱりござさんのアレンジは好きな曲を好きなように演奏してる時が輝いてる気がする(素人感)。JAZZスタンダードがやはり長年セッションの現場で受け継がれてきた有名なアドリブと共に曲の構成も練られていてJAZZとして一番しっくりぴったりくるのだが。

しかしござさんが選ぶJAZZじゃない曲のJAZZアレンジが、より一層ござさんらしさが炸裂してて聴いてて楽しいしそのセンスに度肝を抜かれる。

 

さらにJAZZアレンジから季節が飛んで、なぜか春の海が始まった。

なんでだ、もうお正月か?まだ早いぞ12月にもなってないしお年玉年賀状も発売してないし(え?もう売ってる?)、大掃除もまだ、何もかもまだなんですけど!と一瞬混乱する自分。

そしてチャット欄でもあけましておめでとうとか総ツッコミされている。そらそうよ。

春の海をシンセの琴の音色を使って演奏、とかいうひねりのない事はするわけもなく、アニソンのアイドルと、ブルースのサマータイムと、アニソンの祝福、ポケモンの曲とのコラボになっていた。

それはそれでひねりすぎでしょ……?

脈絡ないともいう、いやあるのか、それぞれのコラボ曲に共通点があるはずだ?春の海が民族音楽ぽいスケール(?)として構造が共通してる曲を選んだんかな(素人考え)?とにかく和風な和音とかを混ぜとけばいいやろの精神。あれだ、演歌アレンジにもなんかパターンがあるし、一緒やろ。

と、素人の頭脳で叩いてもホコリも出ない思考回路では考えても意味ないので。

 

このあと普通バージョンのメルト弾いてくださって、なんか癒されるというか家に帰って来たような妙な安心感がしたのは自分だけか?

 

と、全編にわたってうっとりするようなJAZZふうアレンジの調べが流れる中ちょっとお茶目なのが挟まってた気がするが、どっちもというかどれもござさんの顔である。

むしろ冴えわたるアレンジもござさんの真の姿だし、

お茶目な姿が見えないと何肩ひじ張ってかしこまってるんだと心配になる。

ござさんは、謎アレンジに引っ掻き回されて混乱してるチャット欄を微笑みながら眺めてるくらいのキャラじゃないと(え?)。

そう、まじめなだけのアレンジ配信なんてつまんない。

ご自身の生配信なのですから、そこでくらい好きなだけやっちゃってくださってもよろしいかと存じます。

 

とかのたまってるところに突然降ってきたガチャガチャきゅ~と・ふぃぎゅ@メイト。この曲名からしてすでにwwwええ?なんでもないですよ原曲通りの演奏って安定感ありますよね名曲です(棒読み)、いやほんとこの曲の展開面白くて飽きませんよねここだけ大好き過ぎて鬼リピです。はいこの曲が好きなだけでして、ござさんってなんでも弾けてすごいですよね。

 

なんか聞こえた気がしましたが気のせいです。

最近何か一つの曲のアレンジだけを弾いてるおかげで?こういった好きにアレンジできる生配信枠は冗談ではなく貴重な癒し時間となっていることでしょう、ござさんには。

ファンはなんでもいいから聴きたいし、ついていきたいし、ついて行ったはいいけど惑わされ混乱して振り回されてる感も否めませんが、まあそれがござさんの生配信の醍醐味です。

 

綺麗なだけの耳触りのいい音楽は音楽の単なる一面にしかすぎないのだ。

音楽って、芸術って世の中のあらゆる事象を表現しているもの。

ござさんの音楽にはそれらを包み隠さず、しかも親しみやすく触れさせてくれる不思議な力が備わっている。

 

 

 

 

 

 

 

徹底的にマニアック!編ーーござさんのピアノと管弦楽曲

 

※この記事は前回の続きです。

 

一般的に有名な曲のうち、ござさんの名アレンジを用いて語ってみましたが、今回もうちょっと補完します。

 

題して、

まだまだある!

もっと極める!!

ござさんのピアノ配信を渉猟して巡る旅

 

鍵盤楽器とは違った音色に焦点を当てた圧巻のアレンジ!

 

 

目次:クリックで各項目へ飛べます。

 

 

 

シフラ編曲版の熊蜂の飛行とかもピアノ用の名アレンジとして、ござさんのレパートリーにも入ってて自分も大好きだが、あえてこの記事では取り上げない。

なんでかっていうと、古来有名なピアノ曲は、そういうアレンジ版も含め、鍵盤で演奏する楽曲として、完成されてしまっているからだ。

自分は、あくまでござさんが鍵盤上に自由に演出する世界を楽しみたいんだ。

この記事ではそのお題の例としてクラシック曲としているにすぎない。

 

完成された決められたお題を古来ある解釈通りに弾くってのは、自分が描くござさんの姿とは違う。ござさんが追ってる音楽もそこじゃないと思う。

ござさんがつくる自由な世界が好きなんだ。

ござさんのピアノでしか聴けない音があるから好きなんだ。

 

※ 生配信アーカイブは、今の所2020/8/20以前はメンバーシップ会員限定の公開です

 

①マスカーニの歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲

2023/4/15 【ピアノ配信】帰ってきましたリクエスト募集中 2023/04/15 - YouTube

原曲:マスカーニ/歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲 - YouTube

前の記事の、ドヴォルザーク交響曲9番二楽章「家路」のところで、原曲では管楽器のビブラートで歌い上げる旋律を、繊細なオクターブトレモロで表現しきっていてすごみがあると書いた。

家路が管楽器のビブラートだけで謳う名曲なら、こちらは弦楽器のビブラートで謳う名曲なのだけど、何も言わないからござさんの表現にただただ聴き入ってほしい。

この原曲のオペラのストーリー展開は凄惨だったりするのだが、間奏曲は俗世のしがらみから解き放たれたような、天上の世界を描いたような美しさ。

ござさんのアレンジは中間部のサビから入ってそのままクライマックスの山場に至る。

原曲はオペラの幕合いの間奏曲ゆえに、ピアノアレンジの旋律にもござさんはアリアのような情感をもたせて訴えかけてくる。ふとこちらも思わず引きずり込まれて旋律を口ずさんでいる……

 

 

ハチャトゥリアンバレエ音楽「ガイーヌ」より

α:剣の舞

2023/9/10  ピアノ弾いてますリクエスト募集中! 2023/09/10 - YouTube

原曲:Khachaturian: Sabre Dance / Ozawa · Berliner Philharmoniker - YouTube

もう有名すぎて原曲の説明いらないですね。みんなどこかで聞いたことあると思います。コンサートとかじゃなくても、どこかで。

このアレンジのかっこよ!ポイントは、右手です。

正確に言えば右手のクロスです。

爆速のリズムを左手で刻みながら、シロフォン(木琴)と高音の木管楽器で有名な旋律を右手(当然和音でやってる、装飾音つきで!)でやる。

これで両手ですね?これでギリギリ両手です。

でも原曲のトロンボーングリッサンドがこの曲の看板ポイントなので、そこを強調させたいがためにいちいち右手をクロスさせてなぜか原曲より低いBASS音域でやっている。

なんでですか?

BASS音域だとさらに目立ってかっこいいからですか?

なるほど。

あ、途中の右手の和音が変わる所はもっと看板ポイントなので当然入れてきてますね!

 

β:レズギンカ

2023/5/13 【ピアノ配信】ピアノ弾いてますリクエスト募集中 2023/05/13 - YouTube

原曲:[1991 Live] "Lezginka" - Moscow Radio Symphony Orchestra, 7th Jun 1991 Japan - YouTube

レズギンカとは、コーカサス(カフカス)地方の民族音楽・舞曲のこと。

コーカサス地方ってどこかって?黒海カスピ海の間の地方。ジョージアとかアルメニアとかアゼルバイジャンがあるあたり。

作曲者のハチャトゥリアンジョージア出身のアルメニア人。

 

ござさんの生配信で何と言っても熱量がこもっているのが最後のノンストップメドレー。自由にアレンジして発想をつないでいくのがござさんの本領、何が起こっても不思議ではない。この5/13のメドレーの終盤、JAZZの名曲からモルダウとLet it be に感動して、Omens of Loveが爽やかな疾風と共に駆け抜けていって、その勢いで高速コロブチカが来て驚いていたら、さらにそのままの勢いでレズギンカ!なんで!?ロシア民謡つながり??なるほど!!って自分は納得してたのだったがチャット欄はコロブチカの派生アレンジの一部?と思われてたふしがある。いやほんと、コロブチカの高速右手の中に一音ずつ旋律を混ぜながら、そのまま次のが始まるって思わないよね。

チャット欄は、なんだ?とか、

ひえーとか、すごーとか、

どうしたござさん?

とかいう声が多い。みんなコロブチカの勢いを追撃できず、ござさんにまんまと撒かれた感が否めない。

してやったりとほくそえむござさんの姿が浮かぶ。

でもこの曲は、いつかやってくれないかなーと、自分はダメもとで時たまリクエスト投げてた曲なので、どうやって弾くんだろ、ござさんがやったらすごいことになるぞってワクワクしてたので。

たぶん名実ともにこの回始めて弾いてくれた思い出の配信です。

ご覧の通りです、もう笑っちゃうし(褒め言葉)。

(高速パートが得意なフルートほか、原曲の木管楽器の)高速の旋律を意地でも拾う右手。

おそらくオクターブで変則的に跳びまくる左手。

2:06:46 (頭出し済み)~の右手がさらに人間じゃない。この裏で、がっつり鳴らしながら下がっていく左手も圧巻。
【ピアノ配信】ピアノ弾いてますリクエスト募集中 2023/05/13 - YouTube

 

※おまけ:ガイーヌのバレエ動画(実際のバレエなので速度が現実的)
レズギンカ バレエ「ガイーヌ」より、ハチャトゥリヤン作曲 アルメニア・バレエ団 - YouTube

 

 

チャイコフスキーバレエ音楽くるみ割り人形組曲より 中国の踊り

2020/7/5 顔出しピアノ リクエスト受付中! / Piano live 2020/07/05 - YouTube

バレエ音楽つながりでソ連というかロシアバレエから。チャイコフスキーの3大バレエ音楽はどれもBGM風な場面も含めて全部、どこをとっても絵画的で美しく、劇的かつ壮大だ。その中でも知名度が高いからよく弾いてくださってるのだろうと思われる、くるみ割り人形。その中でも行進曲、金平糖の踊り、花のワルツは特に有名、しかしこの配信ではそれらの名曲に加えて中国の踊りも演奏されている。

レアです。たぶん中国の踊りはこの回だけなので。

ファゴットが刻む再低音域のリズムを左手で拾いながら、風のように過ぎ去っていく右手……そう、フルートの旋律をそのままガチで鍵盤でやってる。

この旋律はフルートだからできる、フルートを想定して書かれてるんですけど。恐るべし。

しかも、フルートの旋律と交互に現れる弦楽器のピチカートはきっちりスタッカートに変えてくる(和音で)。

 

※バレエの原曲は当時フランス発信の流行であったシノワズリ(中国趣味)をもとに東洋風なイメージで書かれている。衣装も東洋風。
紅茶(中国の踊り)、バレエ「くるみ割り人形」16/26 第2幕第12曲c、キエフ・シェフチェンコバレエ団 - YouTube

 

 

ロッシーニの歌劇「ウィリアムテル」序曲から スイス軍の行進

顔出しピアノ リクエスト受付中! / Piano live 2020/07/30 - YouTube

管楽器パートはダブルタンギングでやってるこのメイン旋律を同音連打でさらっとやっててかっこいい。それらの旋律の合間の左手でやってる低音も。この勢いのまま息つく暇もなくラストまでもっていってて圧巻です。

鍵盤がアップで映ってて画面左半分では鍵盤の全体像も見えるという色々な意味でサービスもすごい。背景になんか見えるのは気のせい。

 

※おまけ:同じく2020/7/30の配信で楽しむガーシュウィンとアンダーソン

Swing JAZZ 華やかなりし時代のアメリカを振り返る

3:46:36  I Got Rhythm 
3:47:20    パリのアメリカ人

3:03:41 トランペット吹きの休日(アンダーソン)

これらの曲は人気なので皆さまご存じと思いますが、同じ配信で楽しめるためメモしておきます。SwingJAZZだとラプソディーインブルーも配信では良く演奏されてましたが、あまりにも有名なのでここには書きません。

軽快なストライドにのせてきっちり旋律を左手の裏拍に充ててくる。

華やかなりし時代のオールドアメリカの雰囲気。

※おまけ:2023/10/14の配信でもアンダーソンの曲が聴ける(頭出し済み)、ぜひメドレーでお楽しみください。

ピアノ弾いてますリクエスト募集中! 2023/10/14 - YouTube

 

 

ラヴェルバレエ音楽「ダフニスとクロエ」第二組曲より「夜明け」

2021/7/7  七夕グランドピアノ配信! 2021/07/07 - YouTube

※原曲:Maurice Ravel: «Daphnis et Chloé». 2ème Suite, Simon Rattle - YouTube
「夜明けは」この動画の冒頭から7:20まで。ござさんは冒頭から5:00前後までをアレンジされている。

ほかにもラヴェル管弦楽曲アレンジはござさんの配信の中でも星の数ほどあり名演奏揃いですが、きりがなくなるので、極めつけのこの曲を選んでみた。

ござさんは、右手で木管楽器の静かな細かい音符をやわらかい絨毯のように敷き詰めながら左手は厳かに通奏低音を効かせている。右手が弦楽器がうねる旋律に移ると、左手が右手でやってた細かい音符をそのまま引き継ぐ。

????

ん?サラッとやってるけどその細かい音符左手でそのままやるんですか?

案の定、指足りないから両手でそれをやりつつ、旋律を両手のどこかの指で単音で弾いている。

いわゆる第三の手奏法。

その隙を突いてフルートの高速アルペジオが一陣の風のように爽やかに吹き抜けた。

おかしい。両手いっぱいのはずなのにそのアルペジオはどこから現れた?

 

この厳かな雰囲気の中、夜明けを迎える様を表現している。

そして左手の高速の木管のうねりを巻き込みながら、弦楽器の大きなうねりの旋律をダイナミックに右手で(右手は旋律以外にもなんかやってる)おおらかに表現しつつ、クライマックスに持っていく………最後の創作アルペジオの最後の音まで繊細で美しい。

もうござさんこれ指揮者ですよね。

 

 

 

ツイキャスから:★★ネタバレ注意★★ツイキャスを聴いてない方はあとでお読みください

 

2023/11/8 突発ランダムレパートリー練習無言配信 - ござ 🎹 (@gprza) - TwitCasting

ひょっとしなくてもこの演奏はござさんの配信とか動画でも初出かもしれない。

軽快にして軽妙、それでいて愛らしいアンダーソン独特の曲調を、小粒なスタッカートで打つ。ござさんはまるで現場のアンサンブルに参加してでもいるかのように、全てピチカートの中にもささやかな表情と僅かなうねりを忍ばせていて、まるで上品なウインクみたいな音が思わず微笑みを誘う。

※原曲:Leroy Anderson - Plink, Plank, Plunk /Anna Duczmal-Mróz conductor - YouTube

 

27:27~ ボロディンの歌劇「イーゴリ公」から韃靼(ダッタン)人の踊り

韃靼人とは、中央アジアモンゴル高原からカザフステップの草原地帯、いわゆるトルキスタンに広く分布したトルコ系騎馬民族遊牧民のこと。中世以降、勃興してきたロシア帝国と戦端を交える様が「イーゴリ公」に描かれている。

この韃靼人の踊りは、ござさんの配信ではオーボエの有名な旋律が主に演奏されることが多いけど、このツイキャスではもっといろいろな主題も演奏してくださっていて貴重。

オーボエの主題に続いて、木管楽器の掛け合いをなぜか右手だけでやってる謎。
(原曲の頭出し済み)ボロディン オペラ「イーゴリ公」より「韃靼人の踊り」 - YouTube

宇宙の神秘。右手でどうやって一人二役なのか何回見ても仕組みがわからん。そこから始まる迫力ある場面も演奏して下さりもう涙なしには語れない(´;ω;`)。なんてったって注目は低音部。華麗な木管楽器の掛けあいの裏で地響きと共に迫ってくる下降形のBASS音域。見てて空気がビリビリ震える(気のせい)。

ここからラストになだれ込むんだー!って思いきやラストには原曲中間部のキメを持ってきてる。なんでやねん。
(原曲の頭出し済み)ボロディン オペラ「イーゴリ公」より「韃靼人の踊り」 - YouTube

真のラスボスはここからだった。

原曲でいうチューバにバストロンボーン?にコントラバスバスクラとかファゴットとか(以下略)、後なんといってもバスドラム!とか、オーケストラの低音ていう低音が一斉に咆哮するのをがっつりやっている左手。

具体的にいうと右手が半音ずつ上がっていって最高音になる一歩手前で鳴らされる左手。あまりの踏み外しぶり、あまりの音圧にまじでパソコンの液晶壊れる(気のせい)。

恐怖におののいている隙に、右手がまたしても高速オクターブで動いてるのを発見し、さらにドン引き(褒めてる)。

 

 

皆さま、お楽しみいただけたでしょうか。

このあとに吹奏楽曲も続けようかと思いましたがさらに長くなるため割愛します

(さらにオタク道に走ってしまうため)