ござさんの魅力を語る部屋

ピアニストござさんについて、熱く語ります

究極の選択

 そんなの無理でしょ! ≪ 心の叫び ≫  

  それは7/30(木)のこと、ねぴらぼアーカイブ閲覧最終日。運よく子供の通院関係で有休をとれたので、昼間はアーカイブ三昧だった。そして、けいちゃんさんとかてぃんさん演奏パートの感想をぎりぎりで書き終わったのだった。しかし、ここで真面目に聞き込んで初めて、けいちゃんさんとかてぃんさんの演奏がすごいことに気付いた。新たな発見。見方が変わった。(「ねぴらぼの感想」の回を参照)今まで、ただのイケメンなピアノちょっと弾ける人だと思ってました。すいません。

 

 そこで、さあゆっくりござさんパートを見納めに堪能しようと思って、着々と夜の家事も終え、準備ばっちり!とわくわくしてきた7時半ごろか8時?、まさかのYouTube通知・・・!一瞬、「ねぴらぼはどうしたら…?」という思考が脳裏をよぎり、思わず「ええっ!!」と呻いていた。幸い、YouTube生配信は始まったところだったのだが。

 ここで選択を迫られるのであった。しかも今すぐに。ねぴらぼアーカイブをとるか、YouTube生配信を見るか。ねぴらぼアーカイブは、DVDが出ないことがわかっているので、最後に集中してお気に入りのパート(つまりござさん)をしっかり見たかった。一生の思い出(←大袈裟)として目に焼き付けておきたかった、晴れ舞台のござさんの姿。夢の初舞台での、最高のパフォーマンンス。

 今落ち着いて考えればYouTube生配信は後でアーカイブに残してくれるのだから、その時はねぴらぼ一択でよかったのだ。でもその時はパニックになって、本気でござさんファンをやめようと思った(やっぱり大げさ)。なんで告知してくれないのー!

 突然だが「ソフィーの選択」っていうアメリカ映画の中で、アウシュビッツに連れてこられた親子が、ナチス親衛隊に、『子供(兄妹)のどちらかは生かしておき、どちらかを今すぐガス室送りにするから、選べ』:(;゙゚'ω゚'):といわれ、母親が「選べるわけないでしょ!」と答えるシーンを思い出す。例えが悪いですね💦 

 そう、まさに選べるわけないでしょ!だった。

 

 生配信(YouTube)も、ねぴらぼが終わって初めてだったので久しぶりに声聞ける(目的がなんか違うぞ)と思ったし、そうこう迷っている間に次々と素晴らしい演奏が…やっぱりねぴらぼに向けての練習の成果か、演奏のレベルが違うなあ、と聞き入ってしまうし。今後の演奏活動の展望についても、言及があるかもしれなかったし。

 しかし、そこは断腸の思いでねぴらぼを取ったわけですが、ここ最近ブログを更新しすぎからの疲れか(←どんだけ)まさかの寝落ちしてしまったのでした。

 そんなわけでねぴらぼの、最後に見ておきたかったあれとかこれとか、全部幻となったわけですが、そんなに思い入れが強いと、後のロスがすごそう。という事で、寝落ちして最後見れなかったことは割り切って諦める(´;ω;`)しょうがないです。

 

 えー、そういうわけで7/30のライブ生配信は、気持ちの整理ができず、まだ直視して見れてません。(何なら7/21のライブも、ねぴらぼにかまけてて全く復習できてない)しかし、新しいFantom8を駆使した、違うステージ(自分的に)にレベルアップした演奏のござさんの生配信は、ちらっと聞いただけでもすごかった。わくわくした。また1曲ごとに感動して泣いてそう。ねぴらぼの時は「グランドピアノ最高!これが一番!」と思っていたが、結局ござさんが演奏すればどんな楽器も最高になるだけなのかも。ねぴらぼでも、ハモンドオルガン(ていうの?)とかは、喜々として弾いてたのはござさんだけな気がする。←思い込みが激しいwww

 

 まあ今日も野球観戦にいかなければならないのですが(というか今日を最終に野球部の試合はもう無い予定)、この週末でまじめに復習しようと思います。連打演奏でアルハンブラのギター音を再現とか、しかもKABURAYAもやってたとかなんとか。楽しみにしておきます。